×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



宿題 リンク集

宿題(しゅくだい)は 1. 学校等において、教師が児童・生徒・学生に課す、自己学習の課題。 2. 往々にして多くの子供たちが1(の意味の「宿題」)を面倒臭がることから転じて、俗に、今後解決しなければならない問題。

広く一般に、学校等で教師が児童・生徒・学生に課す自己学習の課題全般を宿題と呼ぶ。宿題は日ごろの授業中に課されることもあるし、定期考査の前後や、あるいは長期休業(夏休みや冬休みなど)中の課題として課されることもある。その種類は、プリント教材、教科書などの練習問題、問題集などによる問題演習、作文やレポート、作品の製作など様々である。変り種としては、体育で腕立て伏せや腹筋などを課したりする学校もある。児童・生徒・学生は、自宅や図書館などで宿題に取り組み、教師に提出する。提出された宿題は、教師が内容を点検し、検印を押したり、添削を行ったりした後、返却される。(たまに、返却されないこともある。) 宿題を出す意図や理由はさまざまで、教師によっても違うが、多くは授業の理解度の確認や児童・生徒・学生の意識調査のためである。プリントなどによる問題演習は前者にあたり、作文や感想文の類は後者にあたる。 宿題の課し方は、初等教育から中等教育の時期にあっては、プリントやワークシート、問題集など、与えられた学習課題に取り組み解答するもの、あるいは作文や新聞作りなど、自己の意見・考えをまとめるものなどが多い。やがて、中等教育から高等教育へと進むにつれて、与えられた課題や自らが学習・研究した内容などをまとめ、小論文の形式にしたレポート課題へと発展する。 宿題の多くは提出期限があり、その期限内に指定された内容を学習して提出することが求められる。内容が不十分であれば再提出を求められることもあるし、期限内に提出できなければ、成績から減点されることもある。学校等での宿題の期限遅れや未提出に対する処置は、会社等において「与えられた仕事を期限までに実施する」ことの厳しさに比べれば一般に緩やかであろうが、「提出期限を守ること」の重要性は学校の宿題を通じて身につけるものと考える人も多い。期限が決められている大きな仕事や、期限こそ決められていないものの今後取り組むべき重要な課題などを転じて「宿題」と呼ぶのは、この辺りに由来する。 また、学力などは各々の生徒によって異なってくる事が多く、また家庭環境なども各々の生徒によって異なってくる事が多いため、人によっては徹夜をしないと宿題が終わらない場合や、課題を終わらせるのに多大な時間が掛かってしまう場合もある。特に小学校以外では教師・講師が履修科目ごとに違う傾向が多いため、それぞれの教師・講師が無秩序に宿題を出した結果、宿題の量が膨大になってしまい、どうしようもなくなる事もありうる。そういった場合、その宿題が直ちに落第や単位喪失などに繋がる様なものではない場合は、無理に徹夜をして宿題をしようとすることや、無理に夜遅くまで宿題に時間を割く事はあまり良くないと考えられる。解けない問題はそのままにしておく、当日学校で休み時間などを利用して、その授業までに終わらせる。終わらなかったら講師に断りを入れ、出来たものだけ提出する。なども選択肢に入れておく必要があると言える。

主に子供を抱える親の需要に応える形で、宿題代行サービスがビジネスとして生まれている。インターネットを介して注文の発注、商品(宿題)の納入が行われる。計算問題から読書感想文、自由研究などを取り扱うところもある」[1]。 このサービスについては、「宿題の本来の目的からすると好ましくない」「なんでもお金で解決することを子供のうちから教えるのは良くない」といった批判が、文部科学省等から出ている[1]。 なお、韓国では宿題代行サービスは広く流行しており、やはり問題になっている[1]。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 宿題 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4